キレイな場所は嫌がる習性|たくさんの鳩を駆除するために助っ人を用意しよう

たくさんの鳩を駆除するために助っ人を用意しよう

男の人

キレイな場所は嫌がる習性

ハト

実は怖い健康被害も

ベランダに干してあった洗濯物がフンの被害に遭ったり、駐車場に止めてある車を汚されたり、鳩は日常生活においても迷惑することが多い鳥です。実は鳩の被害はそれだけではないのです。人間にも感染するクリプトコッカスという感染症を持っており、乾燥したフンを吸い込むことによって肺炎などを引き起こす可能性もあるのです。ですから、鳩がベランダや庭に頻繁に現れるようになったら、早急に対策を打つことで、健康被害から身を守ることが出来ます。鳩というものは、習性で生活するために、その場所を気に入るとずっと訪れ、しまいには寝床を作り住処としてしまいます。つまり鳩に気に入られない対策を打つことで、撃退が可能なのです。様子見に来ている初期の段階での対策が最も有効と言えるのです。

寄せ付けず掃除しておく

マンションなどのベランダでは、鳩除けネットが物理的には効果もあり手軽で人気です。隙間なく塞いでしまうことで、寄せ付けない効果があるからです。ただし、わずかな隙間からも侵入してしまうので確実にネットを張ることが必要です。またネットを張ることによりマンションの景観を損ねる場合もあるので、管理組合に聞いてから張るようにしましょう。どうしてもネットを張ることが出来ない場合は、釣りに使うテグスをベランダの手すりに張っても効果があります。手すりに鳩が止まった場合に、テグスが首のあたりに触れると、非常に不愉快に感じるからです。テグスは透明なので鳥からは見えにくく、建物の景観も損ねないためにおすすめです。そして何よりも大切なことは、鳩がフンなどをした場合は毎回きれいに片づけるということです。毎日きれいに掃除されている場所は、なかなか落ち着かないために住処を作ることはありません。いつもきれいにしておくことが、最も有効な対策なのです。