ご近所害虫トラブルを回避|たくさんの鳩を駆除するために助っ人を用意しよう

たくさんの鳩を駆除するために助っ人を用意しよう

男の人

ご近所害虫トラブルを回避

巣

自力対処だと戻り蜂が心配

自宅でアシナガバチの巣を発見した時は、駆除専門業者に頼みましょう。アシナガバチはスズメバチほど人間を攻撃する習性がないので、放置するケースも少なくありません。10センチに満たない小さい巣なら、自力で片付けることも可能です。ただし、素人が自分たちでどうにか片付けても、高確率で同じ場所にアシナガバチが戻ってくる可能性大です。これは戻り蜂と呼ばれる現象で、巣を駆除中外に出ていた蜂が戻って来てしまうことです。数が少なければ巣がないことに気づき、どこかに飛んで行ってしまいます。けれど戻り蜂の数が多いと再び同じ場所で巣作りを再開するので、生き残った蜂も徹底的に駆除した方が安全です。駆除専門業者はアシナガバチの習性を熟知しているので、ただ巣を駆除するだけではなく再生防止策まで考えて対処してくれます。予防するための工夫まで念入りに行ってくれるので、駆除はプロに依頼しましょう。

放置するとこんな騒動に

アシナガバチがこしらえた巣を自宅に発見したら、すぐに駆除のプロを頼りましょう。一軒家だと、放置することで思わぬご近所トラブルに発展する恐れがありますからご注意下さい。アシナガバチはスズメバチほど危険性が高くありませんから、放っておくケースも目立ちます。けれど温厚な性格をしているアシナガバチも、ちょっとした刺激で人間を攻撃する可能性はあります。散歩をしている犬が吠え、大きな鳴き声が攻撃スイッチになることもありますし、子供がいたずらして巣に石を投げることもあります。いずれにしても、自宅に作られてしまった巣が原因でトラブルになった場合、法律上土地の所有者が責任を負わなければなりません。放置してご近所トラブルにならないよう、事前に駆除した方が安心です。